ここからの話も、ひところの漫才ブームの様子を思い起こさせます。

 700年代晩期の平安時代になると、当時の中国雑伎団(冗談です)のなかに「物真似」をする芸が登場します。現在の芸人は有名人の物真似をしますが、当時は亀やカニ、昆虫などの物真似が流行していました。
 物真似をする芸で演じる内容が変わったためか、散楽という名称もいつしか猿楽(さるがく)と呼ばれるようになりました。
 この猿楽こそが近年人気となっている狂言の元祖です。
 当時の猿楽は主に社寺の保護を受け祭礼などのさいに演じられたため、どちらかというとセレブ系に人気でした。一方、庶民系というか農民の間にも田楽(でんがく)とよばれる人気の芸が登場していました。
 田楽は田植えなどのさいに五穀豊穣を祈願して演じられる芸でした。

 余談ですが、現在、能の公演では狂言より能が主役ですが、その起源は狂言の方が約600年ほど古いことになります。

[参照年表]平安〜南北朝